バストアップ方法術

美容整形で自然美なスタイルを目指す!脂肪吸引と豊胸は、整形手術の幅も広がり安全で多種な手術方法があります。

大きさと形を選べるバストアップ術

整形手術の技術力が上がり、最近ではシリコンを入れる豊胸手術が主流になってきています。

シリコンを胸に埋め込むことで、バストアップをおこなうのですが、胸のボリュームをアップスだけではなく、形も好みに合わせてつれることから、人気がある施術だといえます。

また、この方法では、作られたバストの大きさを持続できることから、選択する人も多いようです。手術と聞くと、傷が残るのではないかと不安に思う方も多いと思いますが、最近の整形技術では、ほとんど目立たない手術方法もあるようです。

美容外科の豊胸と乳房再建手術

美容外科の一つである豊胸手術があります。豊胸は女性なら一度は憧れる胸を大きくする手術です。貧乳で悩んでいる人にとっては、女性として胸が大きくなりたいという憧れがあるので、手術によって胸が大きくできる事はとてもうれしい事です。今では、自分の脂肪を胸に入れることにより、レントゲンにも映らず、自然な胸を手に入れる事ができるようになりました。

また、昨今増えている乳癌の切除手術によって、失ってしまった胸を再建する乳房再建手術もその一つです。この再建手術により、乳癌の手術で最も有効な切除手術をした女性が、女性の象徴である胸を失くす悲しみから解放されるよう、技術が発展してほしいです。

美容外科の豊胸術で確実なバストアップ

マッサージをしたり栄養バランスを見直してみたけれど、なかなかバストアップ効果が出ないという人は、美容外科での豊胸を検討してみてはいかがでしょうか。大きく分けると、バッグプロテーゼを入れる方法と、ヒアルロン酸や脂肪を注入する方法があります。

前者の場合は胸や脇などを切開し、シリコンなどでできたバッグを入れて縫い合わせます。2カップ以上の確実なバストアップを望むのであれば、こちらがおすすめです。後者では、脂肪吸引で取った自分の脂肪を胸に移植したり、ヒアルロン酸を注入して自然な膨らみを形作ります。メスで切らずに行えるため、手軽に施術を受けたいという人に支持されています。

美容外科の豊胸手術の種類と特徴について

豊胸手術は大きく分けてシリコンバック挿入、ヒアルロン酸注入、脂肪注入という3つの方法があります。シリコンバックの挿入はバストにボリュームをもたせることができたり、シリコンバックが体内に吸収されないので他の施術よりバストを長期間キープできたりするなどさまざまな特徴があります。

ヒアルロン酸注入は傷が小さく身体への負担が少なかったり、ダウンタイムが短かったりすることが特徴です。脂肪注入は、自分の脂肪を胸に注入するため、肌触りなど自然な仕上がりになります。それぞれの方法にはメリットだけではなくデメリットもあるため、美容外科を受診した時は事前カウンセリングでしっかり確認することが大切です。

美容外科でバッグプロテーゼ挿入法による豊胸 手術を行う

美容外科で豊胸手術を行う場合には1つの方法ではなく、患者のこだわりを聞いてもらうことができます。そのため、バストの大きさや形、触り心地などといったものも希望することが可能です。多く方の悩みとされていますバストの大きさや形ですが、大きくするための方法としてバッグプロテーゼを挿入する方法が人気です。

バッグプロテーゼ挿入法では、多くのクリニックで手術後のシミュレーションシステムを取り入れており、250ccならばこの大きさ、300ccならばこの大きさというようにパソコンを使用して事前にイメージすることができるようになっています。

豊胸関連

豊胸、脂肪吸引、二重まぶたなどの美容整形、マイクロスコープのコンテンツを充実させていきます。美容外科を大阪、東京で探す前に情報をチェック。

豊胸、脂肪吸引、二重まぶたなどの美容整形、マイクロスコープ以外の内容のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る