バストアップ方法術

美容整形で自然美なスタイルを目指す!脂肪吸引と豊胸は、整形手術の幅も広がり安全で多種な手術方法があります。

プロテーゼを注入する豊胸

豊胸の中からバッグプロテーゼを注入する方法を紹介します。

バッグプロテーゼはシリコンなどの素材でできています。

バッグプロテーゼには非常にたくさんの種類があるため、自分に合う物を選ぶ事ができます。

他の豊胸方法に比べて効果が持続するため、バッグプロテーゼを注入する方法を選ぶ人が多いようです。

しかし、この方法は異物感を感じる事もあり、注入したバックが破損してしまう事もあります。

また、アフターケアも必要になります。

そのため、この方法を利用する際は、しっかりとカウンセリングを受けましょう。

美容外科で豊胸施術をおこなうために必要なこと

美容外科で豊胸の施術をおこなう際には、事前にカウンセリングと検査を受けることが必須となっています。カウンセリングでは、担当医がまずバストチェックをおこないます。そのほかにも、胸郭、身長と体重など、全身のデータを数十項目に分類してくまなく確認していくのです。

このデータをベースに、患者さんの希望に合わせて脂肪吸引をどの部位からおこなうのが、一緒に決めていきます。その後、施術方法や術後の経過などを説明します。そして、万全の体制を整えるために、レントゲン検査や血液検査、心電図検査、尿検査などから、患者さんの健康状態を確認していきます。

豊胸施術を美容外科で受ける

女性特有の悩みとして、胸のサイズが挙げられます。日本人は世界的に見ても胸が小さい人が多く、そのため大きくしたいと思っている女性は多いです。そのような方におすすめなのが美容外科で受けられる豊胸施術があります。

シリコンバックを入れたりヒアルロン酸を注入したり、脂肪吸引した脂肪を注入するなど様々な方法がありますが、後遺症も少なく特におすすめなのが脂肪注入の施術です。この方法は身体についている余分な脂肪を吸引して、抜き取った脂肪を胸に注入する方法です。もとから自分の体の中にあったものを使用するので、アレルギーを起こすことも少なく定着しやすい施術方法となっています。

美容外科で実施されるヒアルロン酸豊胸

ヒアルロン酸豊胸は、身体にメスを入れずに、胸を大きくできることから注目されています。美容外科で実施されている方法で、胸の下に針でヒアルロン酸を注入していきます。ヒアルロン酸の量にもよるのですが、およそ1カップ程度は大きくすることが可能です。

胸のサイズが元々大きい方だと、入れる量も多くなってしまうケースもあります。身体にメスを入れない、施術で痛みがないなど、メリットが多いヒアルロン酸豊胸ですが、一方でデメリットもあります。ヒアルロン酸は体内に自然と吸収される成分のため、数年程度で元通りになってしまうのです。このことを十分に理解して、施術を受ける必要があります。

美容外科手術で豊胸するなら脂肪注入法がおすすめです

美容外科クリニックで、豊胸手術を受ける方はとても多いです。手術を受けるほとんどの方が、脂肪注入法での施術を受けています。脂肪注入法では身体にある余分な脂肪を採取して、胸にその脂肪を直接注入する施術方法となっていて、メスを使わないで脂肪が採取できて胸に注入するので、傷跡も小さいようになりますし、ダウンタイムが治まる時間も早いです。

もともと体内にあった脂肪なので、注入しても安定率が高くアレルギー反応でダメージを受ける心配もありません。脂肪を注入しているので、肌触りがとても自然で周囲の人に気づかれることなく豊胸手術を受けることができます。とても人気のある美容外科手術の一つです。

豊胸関連

豊胸、脂肪吸引、二重まぶたなどの美容整形、マイクロスコープのコンテンツを充実させていきます。美容外科を大阪、東京で探す前に情報をチェック。

豊胸、脂肪吸引、二重まぶたなどの美容整形、マイクロスコープ以外の内容のお問い合わせはこちら

ページトップへ戻る